一般不妊治療と高度生殖医療とは

定義

まず生殖医療とは、自然には妊娠できなかった場合に、その原因に応じた方法で排卵や受精を補助する不妊治療のことをいいます。原因を様々な検査(血中ホルモン検査、精液検査、子宮卵管造影検査など)によって特定し、適切な治療法を決めていきます。一般的には負担の少ない方法から順次治療を高度なものへと発展させていきますが、原因や治療開始時の年齢などを考慮して、最初から高度な治療を行う場合もあります。

【一般不妊治療】

妊娠を促す治療法のうち、自分の卵巣・卵管を活かして妊娠を目指すための治療のことをいいます。

【高度生殖医療】

一般生殖医療に対し、女性の体外で精子や卵子・受精卵を取り扱い、できた受精卵を子宮に戻す方法のことをいいます。生殖補助医療(ART)ともいいます。

種類

【一般不妊治療】

排卵日の2日前から排卵日までに性交渉があると妊娠しやすいと言われているため、基礎体温や排卵検査薬などから排卵日を推定して性交のタイミングを合わせる方法です。

内服薬や注射で卵巣を刺激して排卵をおこさせる方法です。通常、排卵がみられない場合に排卵をおこすために使われますが、人工授精の妊娠率を高めるためや、採卵する際にも使われることがあります。

採取した精液から運動している成熟した精子を、推定される排卵日の2日前から当日の間に子宮内に注入して妊娠を試みる方法です。

【高度生殖医療】

採卵により卵子を体外に取り出し、精子と共存させることで受精卵(胚)をつくる方法です。

体外受精では受精がおこらない場合に、卵子の中に細い針を用いて精子を注入する方法です。

体外受精を行った時に得られた胚を凍らせてとっておき、その胚をとかして子宮に戻す方法です。

治療時のリスク

生殖医療は身体への負担が少ないものから多いものまで様々ありますが、精神的・肉体的・経済的なストレスも多いこと、また治療法によって副作用もいくつかあります。

卵子は腟を通して取りますが、その際針を使うためまれに腹腔内に大量出血したり、感染を起こすことがあります。頻度は少ないですが、外科的手術が必要になる場合もあります。

排卵誘発剤を使用する事で起きる合併症で、卵巣が大きく腫れたり、お腹に水が溜まったりします。血栓症のリスクも高まります。症状として、腹部膨満感、胃部不快感、尿量減少、体重増加などがあります。ほとんどの場合は安静または対症療法で軽快しますが、まれに入院が必要となる場合もあります。

子宮内に移植された胚は卵管に戻り、再び子宮に移動するとされています。しかし胚が途中で着床してしまい、異所性妊娠になることがあります。その場合外科的手術が必要になることもあります。

高度生殖医療では、多胎妊娠の可能性が増加します。多胎妊娠は早産、未熟児、帝王切開率の増加など母子ともにリスクが高まります。

体外受精・胚移植による妊娠では、自然妊娠と比較して流産率がやや高いと言われています。

体外受精を始めても治療が全て行えない場合があります。排卵誘発剤を使用しても卵胞が育たずに採卵できない、卵胞が多く育っても中に卵子がない場合もあります。無事採卵できたとしても受精できない、受精しても途中で成長が止まる、卵子や胚の質が悪いなど、胚移植まで出来ない事もあります。

採取した卵子や胚の管理は採取した先の病院で行われますが、地震や火災などで保管している卵子インキュベーター(培養庫)の破損や転倒、水害や突然の停電など不測の事態による影響を受ける可能性があります。

これらは自然妊娠と比較して若干増加するという報告もありますが、報告によりその程度は様々で、完全に証明されていないものもあります。

自宅でできるホルモン検査