ホルモン補充療法とは

定義

ホルモン補充療法とは、必要最小限のホルモンを補充することにより、エストロゲン量の低下によっておこる様々な症状を緩和することを目的とした方法です。主に、更年期に入った方・さしかかっている方に用いられます。

ピルにもホルモンが含まれておりますが、ホルモン補充療法に使われる薬に含まれるホルモンの量に比べるとかなり多くの量が含まれています。年を重ねた方がピルを続けていくと、重篤な合併症である血栓症のリスクが高まるため、ホルモン補充療法に切り替えることが推奨されています。

種類

エストロゲンのみを補充する方法、プロゲステロン(黄体ホルモン)を併用する方法があり、処方される方の状況に応じて選択されます。飲み薬、パッチ薬(皮膚に貼る薬)、ジェルなど様々な形状の薬が展開されています。一般的には、飲み薬のほうが価格は安いのですが用量の調整が難しく、パッチ薬は価格が高く肌に刺激が出てしまうケースもある一方で用量調節が簡単であるといった特徴があります1), 2)。また、血栓症のリスクはパッチ薬で少ないと報告されています。3)

効能

エストロゲン量の低下に伴う下記症状や疾患に効果があります4), 5), 6), 7), 8)

副作用

乳房の張り、下腹部の張り、不正出血などが投与開始後に起こることもありますが、多くはすぐに解消していきます。

癌との関連

他の研究においてもリスクが上昇することが示された報告はなく、ホルモン補充療法を受けていない人におけるリスクと同程度であり、死亡率も変わらないと考えられています12), 13), 14)

使用ができない人

下記に当てはまる人はホルモン補充療法を使用できません。

また、下記に当てはまる人は慎重に投与しなければなりません。

参考文献

日本産科婦人科学会/日本女性医学学会編.ホルモン補充療法ガイドライン

1) 各社医薬品インタビューフォーム

2) 田中栄一, 三浦明香, 倉智博久:経口剤と経皮剤の比較. Hormone Frontier in Gynecology 9:365-369, 2002(レベルⅣ)

3) Canonico M, Oger E, Plu-Bureau G, Conard J, Meyer G, Lévesque H, Trillot N, Barrellier MT, Wahl D, Emmerich J, Scarabin PY; Estrogen and Thromboembolism Risk (ESTHER) Study Group. Hormone therapy and venous thromboembolism among postmenopausal women: impact of the route of estrogen administration and progestogens: the ESTHER study. Circulation. 2007 Feb 20;115(7):840-5.

4) Utian WH, Shoupe D, Bachmann G, et al:Relief of vasomotor symptoms and vaginal atrophy with lower doses of conjugated equine estrogens and medroxyprogesterone acetate. Fertil Steril 75:1065-1079, 2001(レベルⅢ)

5) Lindsay R, Gallagher JC, Kleerekoper M, et al:Effect of lower doses of conjugated equine estrogens with and without medroxyprogesterone acetate on bone in early postmenopausal women. JAMA 287:2668-2676, 2002(レベルⅢ)

6) Lobo RA, Bush T, Carr BR, et al:Effects of lower doses of conjugated equine estrogens and medroxyprogesterone acetate on plasma lipids and lipoproteins, coagulation factors, and carbohydrate metabolism. Fertil Steril 76:13-24, 2001(レベルⅢ)

7) Archer DF, Dorin M, Lewis V, et al:Effects of lower doses of conjugated equine estrogens and medroxyprogesterone acetate on endometrial bleeding. Fertil Steril 75:1080-1087, 2001(レベルⅢ)

8) Pickar JH, Yeh IT, Wheeler JE, et al:Endometrial effects of lower doses of conjugated equine estrogens and medroxyprogesterone acetate. Fertil Steril 76:25-31, 2001(レベルⅢ)

9) Persson Ⅰ, Adami HO, Bergkvist L, et al:Risk of endometrial cancer after treatment with oestrogens alone or in conjunction with progestogens:results of a prospective study. BMJ 298:147-151, 1989(レベルI)

10) Rossouw JE, Anderson GL, Prentice RL, et al;Writing Group for the Women’s Health Initiative Investigators :Risks and benefits of estrogen plus progestin in healthy postmenopausal women:principal results from the Women’s Health Initiative randomized controlled trial. JAMA 288:321-333, 2002(レベルⅠ) 

11) Chlebowski RT, Anderson GL, Gass M et al:Estrogen plus progestin and breast cancer incidence and mortality in postmenopausal women. JAMA 304:1684-1692, 2010(レベルⅡ)

12) Anderson GL, Limacher M, Assaf AR, et al;The Women’s Health Initiative Steering Committee Effects of conjugated equine estrogen in post menopausal women with hysterectomy:the Women’s Health Initiative randomized controlled trial. JAMA 291:1701-1712, 2004(レベルⅡ)

13) Vickers MR, MacLennan AH, Lawton B, et al;WISDOM group:Main morbidities recorded in the women’s international study of long duration oestrogen after menopause(WISDOM):a randomized controlled trial of hormone replacement therapy in postmenopausal women. BMJ 335:239-248, 2007(レベルⅡ)

14) Anderson GL, Chlebowski RT, Aragaki AK, et al:Conjugated equine oestrogen and breast cancer incidence and mortality in postmenopausal women with hysterectomy :extended follow-up of the Women’s Health Initiative randomized placebo-controlled trial. Lancet Oncol 13 : 476-486, 2012(レベルⅡ) 

自宅でできるホルモン検査