不正出血とは

定義

不正出血とは月経以外の時期に性器から出血することを指し「異常性器出血」ともいいます。

異常性器出血は子宮筋腫や内膜ポリープなどによる器質性出血と、排卵障害や血液凝固異常などによる機能性出血に分けられます。 また、妊娠している場合の不正出血は通常と大きく対処が異なるので注意が必要です。妊娠している可能性がある場合には必ず医師に伝えましょう。不正出血では検査をしても出血している部位が分からない場合もあります。ごく初期の病変が原因かもしれませんので同じ病院に継続的に受診して経過を見てもらうことが大切です。

以下では不正出血について解説していきます。

種類や症状

不正出血には実際に出血する病変のある器質性出血と、病変のない機能性出血に分けられます。

出血の量は病態によって大きく幅があり、鮮血の流出が続いて貧血になるほどの不正出血もあれば、下着に血液がついていたり、おりものに血液が混じっていたりすることで気付く場合もあります。尿道や肛門から出血している場合もあり、自分でもどこから出血しているのかを判断できないことも少なくありません。

原因(関連疾患)

不正性器出血は炎症やホルモン異常、外傷、腫瘍などが原因となって起こります。炎症による出血には何らかの原因で子宮内膜に炎症が生じる場合や、加齢に伴い子宮内膜が薄く脆くなる萎縮性膣炎などがあり、ホルモン異常では卵巣機能不全や月経異常などがあります。

その他、子宮筋腫やポリープ、がんなど腫瘍による出血、性行為などによる外傷出血のこともあります。腫瘍などによる出血は病変のある器質性出血、炎症、ホルモン異常や薬剤による出血は病変のない機能性出血と分類されます。

診断

既往歴や現病歴、服薬状況を聞き取り、月経周期や経血量、経血のある期間についても確認します。腹痛や腰痛などの痛みの有無や体重の変化、性器以外からの出血の有無、止血のしやすさなども確認します1)。 腟鏡や超音波で出血の原因となる病変がないかどうかをチェックします。また、ホルモン分泌異常がないか、止血しにくい素因がないかを調べるために血中ホルモン検査、その他の血液検査などを行います。

治療法・対処法

不正出血の中には排卵期に起こる中間期出血などのように特に治療を要しない出血もあります。 子宮筋腫や子宮内膜ポリープ、がんなど器質性の原因がある場合には、その原因を除去します。排卵障害、ホルモン分泌異常などの機能性の出血ではホルモン剤を用いて月経様の出血を起こすことで子宮内膜の状態をリセットします2)。出血量が多い場合は緊急で厚くなりすぎた子宮内膜を掻き出して止血する「子宮内膜搔爬術」が必要になる場合もあります。止血のための投薬や子宮を収縮させる処置を行うこともあります。また、出血により貧血になっていれば経口による鉄補充を行うこともあります。

参考文献

1) Fraser IS, et al,: Fertil Sreril 2007;87:466-476 PMID:17362717(Ⅲ) Fraser IS, et al,:Hum Reprod 2007;22:635-643 PMID:17204526(Ⅲ) Munro MG:Best Pract Res Clin Obstet Gynaecol 2017;40:3-22 PMID:27836285(Guidline) Munro MG et al,: Int J Gynaecol Obstet 2011;113:3-13 PMID:21345435(Guidline)

2) Boschann HW: Observation on the role of progestational agents in human gynecologic disorders and pregnancy complications In; new Steroid Compoundw with Progestational Activity.vol.71,1958.p727-752 Holmstrom EG: Progesterone treatment of anovulatory bleeding.Am J Obstet Gynecol 1954;1321-1329

自宅でできるホルモン検査