FSH(卵胞刺激ホルモン)とは

①概要

FSH(卵胞刺激ホルモン)は排卵に向けて月経周期の最初に卵胞(卵子を含んだ袋状の組織)を発育させるほか、E2(エストラジオール/卵胞ホルモン)の分泌を促進するホルモンです。

FSHの分泌は脳の下垂体という部位で作られます。同じく脳の視床下部、そして卵巣から分泌されるE2などのホルモンによる調節を受け分泌が調節されています。

FSHの分泌は脳の視床下部、卵巣からの調節を受けます。例えば低体重やストレスは視床下部への影響を通してFSHの分泌を低下させます。一方卵巣からのE2分泌が低下した際はFSHが上昇、増加した際はFSHが低下しE2分泌の調節を行っています。そのため、FSHの値はE2の値と合わせてみていくことが必要です。

②ホルモンが高すぎる/低すぎるとどうなるか

FSHが高い、低いことによる症状が出るというよりも、FSHが高い原因によって起こる症状が異なります。
FSHが過剰な場合、LHやE2との組み合わせで2つの状況が考えられます。

LHも過剰で、E2が低い場合、更年期や早発卵巣不全のためにE2の分泌が低下している可能性が考えられます。この場合動悸やほてり、頭痛、憂うつ感などをはじめとした更年期様症状が出ることがあります。

一方LHは正常値からやや低めで、E2が過剰な場合は非常に稀ですがFSH産生腫瘍が考えられます。この場合不正出血や排卵障害が出ることがあります。

FSHが不足している場合、低体重やストレスのために脳からの分泌がうまくいっていない可能性が考えられます。この場合排卵障害から月経不順、無月経の症状が出ることがあります。

③関連する疾患

更年期障害、早発卵巣不全、FSH産生腫瘍、無月経、排卵障害、不正出血、月経不順

自宅でできるホルモン検査